WORKS
施工事例詳細

マンション退去立会い代行からの原状回復工事「床の張替え」(大阪市住吉区)

2024.03.11

大阪市住吉区にて、マンションの原状回復工事をいたしました。

【施工情報】
施工場所:大阪市住吉区
建物種類:マンション
間取り:2LDK
施工箇所:原状回復工事(床張替え)

原状回復工事とは、賃貸物件などで入居前の状態に戻すための修繕工事のことを指します。床張り替えもその一環として行われることがあります。床張り替えに関する一般的な手順や注意点を以下に示します。

  1. 現状の確認: まず、床の状態を確認します。床の種類(フローリング、畳、カーペットなど)や状態(キズ、汚れ、変形など)を把握します。
  2. 床の撤去: もし古い床材がある場合は、それを撤去します。これには、フローリングやカーペットをはがしたり、畳を取り除いたりする作業が含まれます。
  3. 下地の確認と補修: 床下地の状態を確認し、必要に応じて補修を行います。不均等な床や傷んだ下地は、新しい床材を敷く前に修復する必要があります。
  4. 新しい床材の選定: 原状回復工事の際には、入居前の状態に合わせて新しい床材を選定します。賃貸物件の場合は、オーナーや管理会社と相談して、適切な床材を選ぶことが一般的です。
  5. 床材の施工: 選ばれた床材を施工します。これには、フローリングの貼り付けや畳の敷き詰め、カーペットの張り付けなどが含まれます。施工には専門的な技術が必要な場合もありますので、プロの業者に依頼することが一般的です。
  6. 仕上げ: 床材の施工が完了したら、仕上げ作業を行います。これには、必要に応じて床の表面を磨いたり、保護コーティングを施したりする作業が含まれます。
  7. 清掃: 最後に、床の清掃を行い、工事中に生じたゴミや埃を取り除きます。清掃作業が完了したら、工事は完了となります。

床張り替えは、物件の価値や居住性を向上させる重要な工事ですが、適切な施工が必要です。特に原状回復工事では、入居前の状態に戻すことが求められるため、丁寧な作業と適切な床材の選定が重要です。

CONTACT

お問い合わせはこちら

※新規御依頼はお問い合わせフォームから
宜しくお願い致します。

06-7172-3906

営業時間:9:00~18:00(月~土)