WORKS
施工事例詳細

テナントビル内の飲食店内装解体工事(大阪市北区)

2024.03.17

北区曽根崎新地にて、テナントビル内の内装解体工事をいたしました。

1Fでの解体工事のため、スムーズに作業を進めることが出来、スケジュール内で施工させていただきました。

ソファーやテーブルなどの残置物は、今回施主様の方で処分していただきましたが、当社での撤去処分も可能でございます!


内装解体工事を行う際には、以下のような注意点があります。

  1. 安全確保: 解体作業は危険を伴うため、安全対策が必須です。作業員は適切な保護具を着用し、安全な作業環境を確保する必要があります。また、作業現場周辺には警告や安全フェンスを設置し、通行人や他の作業員が作業現場に入らないようにします。
  2. 作業範囲の明確化: 解体する内装の範囲を明確にし、作業計画を立てます。特に、解体対象となる壁や天井が構造的な役割を果たしている場合には、建築物全体の安定性を損なわないように注意が必要です。
  3. 廃棄物の処理: 解体によって発生する廃棄物やゴミの処理を考慮し、適切に管理します。不用品や廃材の分別やリサイクル、廃棄物の適切な処分方法について、地域の法規制やガイドラインに従う必要があります。
  4. 環境への配慮: 解体作業が周辺環境に与える影響を最小限に抑えるように努めます。特に、騒音や振動、粉塵の発生など、近隣住民や他の建物に影響を与える可能性がある要素については、適切な対策を講じます。
  5. 法規制の遵守: 地域の建築規制や解体に関する法律、労働安全衛生法などの法規制を遵守することが不可欠です。解体作業を行う前に、関連する法的要件を確認し、それらに準拠するようにします。
  6. プロの業者の選定: 解体作業は専門知識と経験が必要な作業です。信頼できる解体業者や専門家を選定し、適切な許認可を持つ業者を選ぶことが重要です。

これらの注意点を遵守することで、内装解体工事を安全かつ効果的に実施することができます。

CONTACT

お問い合わせはこちら

※新規御依頼はお問い合わせフォームから
宜しくお願い致します。

06-7172-3906

営業時間:9:00~18:00(月~土)