WORKS
施工事例詳細

マンション退去立会い代行からの原状回復工事「床と天板のリペア工事」(大阪市東住吉区)

2024.03.25

大阪市東住吉区のマンションにて、原状回復工事を行いました。
主にフローリングと出窓天板のリペアとなります。

【フローリング補修】

【出窓天板補修】

「出窓天板が傷む原因」

  1. 湿気や水の影響: 出窓は窓の近くに位置するため、雨水や湿気の影響を受けやすい場所にあります。天板が木製であれば、湿気や水が浸透して腐食や膨張を引き起こし、傷みや割れが生じる可能性があります。プラスチック製や合成素材の天板でも、湿気による劣化が発生することがあります。
  2. 日光や気候条件: 日光や気候条件による影響も天板の痛みの原因となります。特に木製の天板は太陽光や風雨にさらされることで劣化が進み、表面が剥がれたりひび割れたりすることがあります。
  3. 使用頻度: 出窓の天板はしばしば使用される場所であり、物を置いたり動かしたりすることが多いため、使用頻度による摩耗や傷みが生じることがあります。
  4. 誤ったメンテナンス: 適切なメンテナンスが行われていない場合、天板が痛むことがあります。例えば、適切な防水塗料や表面保護剤を使用しないで放置したり、適切な清掃を怠ったりすると、天板の劣化が進みます。

これらの要因が組み合わさることで、出窓の天板が痛んでしまうことがあります。適切なメンテナンスや修復を行うことで、天板の寿命を延ばすことができます。

CONTACT

お問い合わせはこちら

※新規御依頼はお問い合わせフォームから
宜しくお願い致します。

06-7172-3906

営業時間:9:00~18:00(月~土)